ホームページ制作料金について

ホームページ制作を依頼する場合、選択材料のひとつとして「制作料金」があります。
ここでは、ホームページ制作料金の相場や仕組みについて考えてみます。

ホームページ制作費の相場

ホームページの制作費は、主に合計のページ数で決まる場合が多いと思います。
トップページを含めて、10ページ前後だと安いところで5~20万円前後が、
一般的ではないでしょうか。

実際の制作作業の他に、制作前の試作デザイン制作や出張打ち合わせなどを考えれば、20万円前後であれば良心的であるといえるでしょう。

20~30ページ以上のある程度規模のあるホームページの場合、50~100万円前後。
ウェブ上で顧客管理などシステムを組み込んだものであれば、数百万円の見積もりになることも珍しくないでしょう。

ただし、金額だけでは一概に決められないのがホームページ制作の難しいところです。仮に200万円かけてホームページを作っても、1ヶ月で500万円の売り上げがあがるホームページであれば、非常に安い買い物です。逆に、5万円の格安ホームページでも、1年で売り上げゼロであれば、それは結果的に失敗です。

しかし、制作料金が高いから「売れるホームページ」が作れるか? 制作料金が安いから売れるホームページが作れないか?をあらかじめ判断するのは不可能です。だとすれば、出来るだけリスクを抑える意味を含めて費用を抑えたいと考えるのが一般的な考え方でしょう。

ホームページ制作費用の総額が明示されているか?

興味を持ったホームページ制作会社の料金表に、見積もり~制作~公開までの一連のながれの中で必要な費用の総額がはっきりと記載されているかどうかを見ておく必要があります。

各種作業内容の単価の記載はあっても「総額いくら」とはっきりしていない場合、着手金(手付金)を支払い制作途中で、あれも必要、これも必要と費用の上積みがなされ、最終的には最初の見積もり額の2倍、3倍になってしまった・・というようなこともありえます。

あまりにも費用がかさんでしまい、途中でキャンセルしようにも着手金は返らないのが普通ですので、キャンセルしようにも出来ない状況に追い込まれてしまったというお話も聞きます。

後で後悔しないためにも、まず契約前に以下の点だけはしっかりと確認するようにして下さい。

  1. 制作費用は、見積書通りなのか? 見積額以外に発生する費用はないか?
  2. 対面しての打ち合わせは有料か? 有料であれば金額は?
  3. 公開後の修正費用は?
  4. ワードプレスなどのCMSを導入する場合の技術サポートは?
  5. 維持管理の契約期間は? 途中で契約を打ち切ることはできるか?

ホームページ公開後の契約形態

ホームページは、制作しただけでは公開できません。ドメインとサーバを用意して、サーバに制作したファイルをアップロードすることで、初めてホームページを公開することができます。

通常は、ドメイン・サーバ管理をお客様側でおこなう場合であっても、制作業者がお客様の指定サーバにアップロードして公開までの段取りをおこなうのが当たり前です。この場合は、公開後はお客様自身でサーバ料金を支払い、ホームページの運営をおこないますので、比較的安価(月数百円~数千円程度)に維持管理することができます。
※ただし、誤って公開ファイルを消してしまった場合などの対処が必要となります。これはサーバ会社は対応しないのが普通です。

これとは逆に、ドメイン・サーバ管理を業者にまかせる場合は、維持管理費の形態は様々です。

  1. 維持管理費を毎月支払う形態(更新●回まで無料、●回を超えると追加料金)
  2. 維持管理費を毎月支払う形態(更新は別途料金)
  3. 制作費・維持管理費・PCなどがセットになったリース契約

おおまかに、分けると上記のようなものが主流ですが、
3に関しては契約書をしっかりと読んで判断する必要があります。
ここでは、細部は書きませんが「ホームページ リース商法」で検索してみて下さい。

制作費は安かったが公開後にびっくりするほどの請求書が送られてきたということのないよう、
制作費以外の公開後の維持管理費の料金もしっかりと確認しておく必要があります。

お問い合わせは今すぐどうぞ

さまざまな業種にマッチする800種類以上のテンプレートはこちらです

Copyright(c) 2017 格安ホームページ制作【47,500円】Homepage-Express All Rights Reserved.
埼玉のホームページ制作 議員・首長のホームページ制作 ホームページ制作 さいたま市