FLASH(フラッシュ)について

FLASH(フラッシュ)は必要か?

FLASH(フラッシュ)とは、TOPページなどで、「ダイナミックに画像が動いてキャッチコピーがドスン!と入る」イメージ的には見栄えのよいものです。企業・店舗イメージの向上を期待する場合、「ぜひ、フラッシュを入れて欲しい」というお客様がいらっしゃいます。

弊社では、基本的にホームページにフラッシュを入れることは致しておりません。もちろんこれには理由があります。

  1. 訪問者に望まれていないケースが多い
  2. iphone(アイフォン)やipad(アイパッド)などのiosで非対応
  3. seoに不利である

1ホームページへの訪問者は、その会社や店舗の情報を得るためにホームページに訪れます。フラッシュを鑑賞するために訪れるわけではありませんので、早く的確に情報を得たい訪問者ほど豪華なフラッシュを嫌う傾向があります。サイトの入り口として使用されている場合など「SKIP(スキップ)」ボタンがあればまだいいですが、無い場合は訪れる度に、何度も何度も同じフラッシュを見せられる訳で、これでは訪問者もストレスが溜まってしまうわけです。特にこの傾向が強いのは、ネットが生活の一部となっている若い層に顕著です。

2人気のスマートフォンであるiphone(アイフォン)の開発元であるApple(アップル)は、アイフォンのOSである、iosにはフラッシュを対応させないとはっきり述べています。フラッシュの開発元のadobe(アドビ)も、モバイル向けフラッシュの開発を終了すると正式に発表していますので、アンドロイド系のスマートフォンでも、今後はフラッシュはサポートされない方向で動いていくことが予想されます。

3これは、以前から言われていたことではありますが、フラッシュをコンテンツに組み込むことはseoにおいては不利になるといわれています。
例えば、見栄えを良くするためにサイト上部のグローバルナビゲーションという部分のリンクをフラッシュで作成しているケースをたまに見かけますが、これはかなりリスクのある行為といえます。なぜならグーグルは、フラッシュも読み込むということになっていますが、確実に制作側の意図した内容で読み込んでいるかどうかは、わかりません。万一、グローバルナビゲーションが正確に読み込まれていないとしたら、seoの内部対策の上で、かなりのマイナスポイントになる可能性があります。
大事な部分にフラッシュを入れるということは、その大事な部分が検索エンジンに読み込まれない可能性が出てくるのです。

これらの理由から弊社では、フラッシュの使用は推奨しておりません。

フラッシュがなくとも、スライドショーなどは可能です

しかし「どうしてもTOPページには、動くイメージを入れたい」という方もいらっしゃるかと思います。そんな場合は、seo的にも問題なく動作も軽いJavaスクリプトによるスライドショーにて対応可能でございますのでお気軽にご相談下さい。

お問い合わせは今すぐどうぞ

さまざまな業種にマッチする800種類以上のテンプレートはこちらです

Copyright(c) 2017 格安ホームページ制作【47,500円】Homepage-Express All Rights Reserved.
埼玉のホームページ制作 議員・首長のホームページ制作 ホームページ制作 さいたま市